データ

地域のデータを見やすい形でまとめました。

政令市比較:蔵書冊数と、人口に占める図書館の利用者登録数

  • 横浜市の図書館 2017(横浜市立図書館年報) 10. 他都市との比較 http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/gaiyou/
  • さなぶり データプロジェクト
  • 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

政令指定都市において、どれくらいの冊数の図書が図書館に蔵書されているのか、また市民はどのどれくらいの比率で、利用者登録をしているのかという比較です。
蔵書数では、大阪市411万冊、横浜市410万冊と拮抗しており、続いてさいたま市、名古屋市と続きます。緑色は、人口に占める図書館の利用登録者数です。母数となる人口が多いと緑色の登録率はやや不利になりがちですが、さいたま市は人口127万人程度の規模で、登録者が多いといえるでしょう。
■仙台市は、蔵書数では平均的ですが、同規模の蔵書数があるグループでは、利用者登録者数は低いようです。
単位:冊数と指数

データ一覧へ戻る