データ

地域のデータを見やすい形でまとめました。

東日本大震災の被害を受けた沿岸部で、震災後NPO法人が増加している。

  • 菅野拓(2015)「支援者は地域創造の主体へと変わるのか」,小熊英二/赤坂憲雄編著『ゴーストタウンから死者は出ない―東北復興の経路依存―』人文書院, pp.211-236
  • 菅野拓(人と防災未来センター/パーソナルサポートセンター)
  • 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際

東日本大震災の被害を受けた沿岸部で、震災後NPO法人が増加している。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

 

東日本大震災後の対人口10万人比の特定非営利活動法人増加数(2014年5月時点)。岩手県・宮城県・福島県・仙台市のHP掲載データより、解散・認証取消・認証撤回法人を除いて集計した。所轄庁が移管された場合は移管先自治体単位で集計している。

データ一覧へ戻る